ブログ

更新、修正、校正はどうしたらよいですか?

ホームページの修正依頼や、印刷物の修正依頼に

ホームページや印刷物の更新(修正依頼)は、以下のいずれかの方法でご依頼ください。パソコン・スマートフォンをご利用の方には「その1」、「その2」の方法がお勧めです。その他の方は「その3」、「その4」の方法にてご依頼ください。

正確な作業を行うためのポイントとしまして、出版物の誤植を正すために差し込んである正誤表のような要領で、「訂正前」「訂正後」の文言をセットで明記してください。加えてページ名またはURL、複雑な変更依頼や位置関係の指示は、PDFやプリントスクリーン(画像)を用いてご指示いただくと助かります。

その1) メールにてご依頼

ビジュアルリテラシー カスタマーサポート

上記のメールアドレス宛に更新内容をメールにて送信します。

メール件名を更新依頼(これは一例ですので任意の件名をどうぞ、件名が空欄ですと受信できませんのでご注意ください)とし、メール本文内にお客様の会社名またはお名前をご入力ください。そして現ホームページや印刷物のどこをどのように変更したいかを具体的に記述します。

写真を添付する場合には同時に送るファイルのサイズの合計が3MBを超えないようにご注意ください。3MBを越えるデータをお送りいただく場合はオンラインストレージをご利用ください。

メールの文章から作業内容や該当ページが確認できない場合やご用件が不明な場合は、お手数ですが、再度「その2」、「その3」の方法をお願いする場合がございます。

その2) 専用のフォームメールにてご依頼

更新依頼、デザイン依頼のお申し込みフォーム」よりお申し込みください。

お客様情報など必要な項目を入力します。
その際、複数回にわたる更新依頼や、複数案件の更新依頼があるお客様は「作業依頼名(または管理番号)」欄に「任意の作業依頼名」をご入力ください。メールフォームの「ご用件の分類」から「該当する作業内容」をお選び頂きます。「該当URL」欄に、更新したい(修正したい)お客様のホームページのURLを入力します。

依頼内容の詳細」欄に、現在のホームページや印刷物のどこをどのように変更したいかを具体的に記述します。なお、お客様の原稿不備やお客様の指定するリンク先の諸問題は免責とさせていただきます。

即日対応や短納期対応はオプションサービスとさせていただいております。オプション料金は制作スケジュール(納期)をご確認ください。

その3) 郵送にてご依頼

更新内容を記述した印刷物を作成し(ホームページを印刷したものに赤入れや校正記号を記載し)、郵送にてお送りいただきます。
その際、現在のホームページや印刷物のどこをどのように変更したいかを具体的に記述します。
印刷物や出版物は商品自体へ赤入れしていただければ修正内容が分かります。
また写真や文章の提供は、オンラインストレージをご利用いただくか、郵送時にCD-Rへ保存し同封してください。CD-R は作業完了後、当社で破棄させていただいておりますが、もし返却が必要な場合は、宛名を書き切手を貼った返信用封筒を同封してください。申し訳ございませんが、セキュリティ上の理由により USB メモリは受け付けておりませんのでご協力願います。

その4) 無料相談会にてご依頼

毎週、無料相談会を行っております。
あらかじめお電話またはメールでにて、ご希望の日時をご予約の上、当社までお越し頂き更新内容をお知らせください。
更新に必要な写真、文章、指示書がある場合には、全て CD-R (または ハードディスク)に入れてお持ちください。メディアはその場でご返却いたします。

申し訳ございませんが、コンサルティング契約をしていない場合や格安制作プランをご利用のお客様は、当社スタッフがお客様のところへお伺いする訪問サポートITサポートを行っておりませんので、基本的にはメールでご依頼・ご相談いただいております。

監修・校正もおまかせ

誤字や誤植を防止するためのオプションサービスとしまして、お客様の代わりに監修・校正を承ります。

一部の上位サービスを除き、基本的にはお客様責任で、デザインの監修並びに校正を行っていただいております。無料対応できる修正回数がございますので、2校目(2回目)、3校目(3回目)のデザイン確認、修正依頼、校正戻しをご依頼いただく際は、追加料金がかからないよう十分にご高覧(校正)の上、修正指示をご依頼ください。

監修並びに校正をを弊社が代行するオプションサービスもございます。弊社が代行する場合、赤入れのある部分だけを修正するのではなく、赤入れ以外の整合性を図り全体を監修し修正します。デザイン校正、文字校正までを含みますが、色校正は別のオプションサービスとさせていただきます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ページ上部へ戻る