ブログ

ご契約プランとサービスの違い、専任スタッフの有無

ホームページ制作における、ご契約プランとサービスの選び方

ホームページデザイナー「プラン梅」では綿密なお客様サポートという点で十分なサービスとは言えず、上位プランや高額商品に比べ機械的な印象を持たれるかもしれません。

これはクラウドサービスやネット通販という販売チャネルで、低価格を追及した仕組みになっているため、原稿の準備、校正(表示確認)において、半ばセルフサービスとなっているところがございます。

そのため、校正(ご高覧と修正指示)や更新依頼は、お客様のご判断にお願いしており、専属クリエイター(専任のお客様担当)をつけておりません。

一方、お客様サポートなどサービス面でご満足いただけるよう、専属クリエイター(専任のお客様担当)が責任を持って綿密に対応させていただく「運用保守(管理委託)」もございますので、ご希望の場合はお申し付けください。

ホームページデザイナー「プラン梅」「プラン竹」「プラン松」のような格安ホームページ制作サービスにおいては、他業種・他社の対面販売のサービスに比べ、接客サービス面において見劣りする感がございますことをご容赦ください。

10年連続ベストセラー!最安のご契約プラン

1.初期費用

2.維持費用

※長期ご利用のお客様は、長期ご利用割引が適応され段階的に安価になります。

県内中小企業のご契約プラン一例

1.初期費用

2.維持費用

※テレビ、ラジオ、新聞などでお馴染みの県内のお客様では、上記のようなご契約プランになっております。

インターネットが営業の主戦場となるお客様

※他県・全国へ営業展開している企業様、ネットショップの企業様、学校法人様は、上記のようなオプションサービスをご利用になっております。

お客様の事業の成長スピードやインターネットとの相性で決まります

個人事業主や創業間もないお客様に一番ご利用いただいているのが、一番人気の格安ホームページ制作「プラン梅」です。事業が成長し事業規模や商圏が大きくなることで、必然的に広報活動、求人活動が必要になり広告予算が大きくなります。また事業内容とインターネットとの親和性(相性)が良いことが分かると、プラン梅 >> プラン竹 >> プラン松 >> プラン彩 >> デザインキャビンアテンダントへ制作プランをアップグレードし、より積極的にホームページをご活用されています。

業種やお客様のお好みにより、必ずしもインターネットやホームページが営業の主戦場になるとは限りませんが、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、フリーペーパー、折込チラシ、印刷物などの媒体に比べ、年々ホームページが費用対効果に優れパフォーマンスが極めて高いのは明白なので、ホームページのご活用は無視できません。

つきましては、以下の価格表をご覧いただき、お客様のご予算にあったご契約プランをお選びいただければと存じます。後述の「プラン梅」と「プラン松」の違いもあわせてご参考にしてください。

例えば「プラン梅」と「プラン松」の制作プランの違い

プラン梅 独自コンテンツ制作は標準サービスで3ページまで
プラン松 独自コンテンツ制作は無制限に追加できます

プラン梅 無料更新は標準サービスで1年に1回(3ページ)まで
プラン松 無料更新は標準サービスで1年に12回(12ページ)、追加は12回(12ページ)まで

プラン梅 更新依頼はデジタル限定(フォーム限定)
プラン松 更新依頼はデジタル・アナログ混在可(入力・スキャニング含む)

プラン梅 更新作業は弊社デザイナーが行う
プラン松 更新作業は弊社デザイナーへ委託するか、お客様が自由に編集できる仕組みあり

プラン梅 PC、スマートフォン、ガラケーのいずれかをターゲットに基本設計
プラン松 PC、スマートフォン、タブレットの端末問わず最適化

また上記「県内中小企業のご契約プラン一例」でご案内の通り、以下のような「運用保守(管理委託)」を併用いただく事で、専属クリエイター(専任のお客様担当)が付き、お客様のホームページを運用サポート・技術サポート・対面サポート(お打ち合わせ)含め、綿密に管理・監修いたします。

※価格はいずれも外税です。

監修・校正もおまかせ

誤字や誤植を防止するためのオプションサービスとしまして、お客様の代わりに監修・校正を承ります。

一部の上位サービスを除き、基本的にはお客様責任で、デザインの監修並びに校正を行っていただいております。無料対応できる修正回数がございますので、2校目(2回目)、3校目(3回目)のデザイン確認、修正依頼、校正戻しをご依頼いただく際は、追加料金がかからないよう十分にご高覧(校正)の上、修正指示をご依頼ください。

監修並びに校正をを弊社が代行するオプションサービスもございます。弊社が代行する場合、赤入れのある部分だけを修正するのではなく、赤入れ以外の整合性を図り全体を監修し修正します。デザイン校正、文字校正までを含みますが、色校正は別のオプションサービスとさせていただきます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

*

ページ上部へ戻る