ブログ

ネットショップの商品説明文を上手に書く5つのポイント

売り上げアップのため、まず最初に商品説明文の改善を

ネットショップ運営で最も悩む作業。それが商品説明です。「なにを書けばいいんだ」「どう書いたら売れるようになるんだ」と悩むこともしばしば。結局カタログの丸写しになってしまったり、商品の魅力が伝わらない説明文を書いている方もいるのではないでしょうか?

今回は、ネットショップの商品説明文を書く5つのポイントをご紹介します。

1. オンリーワンを伝える

稀少品や1点ものを扱っている場合、その点を強調するのは常套手段。これをアピールしない手はありません。

「生産者」をアピールすることで、オンリーワンを訴えています。また、商品に関して「ほかに類を見ない特性」があれば、その点も忘れずにアピールしましょう。

【 例 】 富士山の雪解け水で育ったお米。味はもちろんのこと、粒ひとつひとつの色や形にまでこだわった、自信作です。
富士山の自然の恵みと、生産者の愛情がたっぷり込められた美味しいお米をぜひ、ご賞味ください。

2. 使用感をストレートに伝える

その商品の使い心地がアピールポイントになる場合、その点をしっかりと強調します。

下の例では「コットンの柔らかさ」を徹底的にアピール。こうした使用感は、自分で実際に使用して、自分の言葉で表現すると、より伝わりやすくなります。

【 例 】 タオル選びには肌触りと柔らかさが重要ですよね?「100%オーガニックコットンタオル」は、コットン本来の特性を生かし、肌触り、吸水性に優れたタオルに仕上げました。

3. 店独自の視点で伝える

他店と同じ商品を扱っていても、自分の店ならではの視点を盛り込むことで、オンリーワンを演出できます。「その商品を購入したらこうなる!」といったbefore・afterを明確化すること。
そのイメージを植え付けることで、その商品に付加価値がつきます。他店と同じ商品だったり、価格に差を付けられない場合はこうした付加価値が重要になってきます。

4. 商品をイメージさせる

訪問者が商品説明文を読んだだけで商品をイメージできるような表現を目指しましょう。文章は、写真では伝わりにくい質感や大きさを表現するように心がけます。写真を見て分かることを文章で書いても「買いたい」という気持ちになりません。その文章を読んで、実際に実店舗で買い物しているような気分にさせることができれば最高です。

商品説明は、ただ商品の説明をする場ではなく、いかにその商品の魅力を分かってもらうかの重要な部分です。それを伝えるためには、まず自分がその商品をよく理解していないといけません。

メーカーなどから仕入れた商品を販売する場合でも、可能であればサンプル品を取り寄せて実際に使ってみると、使用者側の意見も取り入れやすくなります。

5. 対面販売以上に丁寧な接客態度

ライバル店やアフィリエイト広告は日々増加しています。
その中でお客様の目を止めていただき、ショップを信頼していただくには、懇切丁寧な商品説明、つまり接客態度が大きな要因となります。

当たり前の商品情報を当たり前に表示しているだけでは、誰一人として初来店&初対面のショップから商品を購入しようとは考えないでしょう。

対面販売以上に気配り、気遣い、おもてなしをして、お客様との信頼関係を作るよう心がけましょう。
スタッフプロフィールや販売員個人の意見などの人間味も大切な手がかりになってきます。

以上、商品説明を上手に書く4つのポイントをご紹介いたしました。
ネットショップ運営していて、なかなか売り上げが伸びないという方は一度商品説明をみなおしてみてはいかがでしょうか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

ページ上部へ戻る